印象派の画家モネのパレットはシンプルです。
そこから豊かな視覚の世界が生み出されました。
モネが絵画によって見ることと見せることに挑戦したように、
モネパレットは「絵と映像による発想とコミュニケーション」テーマに
まだ見たこともないような視覚の可能性を追求していきます!
Text Size :  A A A
| お知らせ | 書籍紹介   |  絵コンテ  | ムービー |  掲示板  |  リンク  |
Img_2db1da6bfa6ca0aa64a178be1928772d
画狂原人Z
モネパレットのGGAPがコミケ89に出展します。12月31日(木)場所は東京ビックサイトの東館V09aです。商品は「againだぜモノづくり工業」のセルフパロディです!
Img_2ad6d022ac3e0693dd931f1d99fdcffe
ロボジョーズ出現!

銀治郎おじさんが経営するマグロ養殖場。そこで起こる不可解な出来事…早速高知に飛んだモノづくり工業の3人+1台。そこに現れたのはヨコシマ堂のレフト君が操る巨大なロボットザメのロボジョーズだった。奇しくも海底で再びあいまみえたライト君とレフト君。その結末や如何に!
ものあすホームページ→ (Click!) 
Img_42bf953803305e59db3a3dc0e9e6170a
今度は高知へ向けてGo~!

長門3兄妹のモノづくり工業をことある事に食い物にして商品開発するヨコシマ堂。それが今回はなんと高知に「ロボシーランドZEYO」というテーマパークを建設した。面白く無い3兄妹+ライト君。そこへ高知でマグロの養殖をしている銀治郎叔父さんから電話がかかってくる。大変困った事態が発生して、それはどうやらヨコシマ堂が原因らしい。そうと聞いては黙っていられない長門3兄妹+1台。さっそく高知へ向かったが、そこでは思わぬ事態が待ち受けていた。3兄妹とライト君の運命やいかに…。5月8日公開です!ものあすホームページ→ (Click!) 
Img_df7666d95e5260002a7a8a81726e7fb0
対決「ライト君VSレフト君」!

日刊工業新聞社の黒岡局長のアドバイスにまんまとのせられて、ロボスタに出場することになったモノづくり工業のライト君。しかし!出場前にライト君の致命的な弱点が明らかになった。果たしてその弱点とは?驚き呆れるミカサ。当日まで必死になってライト君の調整に励む天才少女ハルナ。社長の電子の能天気さをよそに奮闘する姉妹の姿がそこにあった。さて、ロボスタの当日がやってきた。モノづくり工業の技術を結集したロボットライト君は、強豪揃いのロボスタを勝ち抜くことが出来るのか?ものあすホームページ→ (Click!) 
Img_fe9004524269d948aa6b2177382a6fbb
提供は日刊工業新聞社販売局です

「モノづくり工業」再建のため、社運をかけて開発してきたスマホロボットライト君。しかし能天気な社長電子が軽率にもSNSで逐一公開してきたことから、重要な技術情報がダダ漏れに…。その情報を元にオモチャメーカーのヨコシマ堂がパクリロボレフト君を製作し発表してしまう。日刊工業新聞社がそれをデカデカと記事にしたのだから面白くない電子たち。しかもヨコシマ堂のレフト君がロボスタに出場するとの話も…。電子の悲痛な叫びがアキバの街にこだまする。さてモノづくり工業と長門3姉妹の運命やいかに?この先は是非第3話「ライト君VSレフト君」をご覧下さい→ (Click!)